新卒・若手の仕事探しからミドルクラスまで、あなたの転職を無料で徹底サポート!

アルキャリ

ブログ

2020.09.22

やりたいことが見えない人、必見!「好き」「得意」「求められる」で選ぶ転職先&キャリア探し【前編】

転職 キャリア

やりたいことが見えない人、必見!「好き」「得意」「求められる」で選ぶ転職先&キャリア探し【前編】

「今の仕事は何かが違うような気がするから、転職活動をしてみようと思っている。」「でもどのような業界・職種を選んだらいいのか分からない。」そんなあなたにキャリアカウンセラーがお勧めする「好き」「得意」「求められる」という視点から自身のキャリア発見に繋げていく方法についてご紹介します。

転職活動は自分と向き合うことが大切


「好きなこと」が「得意なこと」であるとは必ずしも限りません。好きなことを仕事にするうちに自分に適性がないことに気付くこともあります。一方で、苦手なことを仕事でやっていくうちに自分に向いていることが分かり、周囲からも評価されて仕事が楽しくなるということもあるでしょう。また、残念ながら入社して実際に業務に携わってみないと仕事の適性を見抜けない場合もあるかもしれません。

転職した後に自分に合わなかったという理由から辞めてしまわないように、転職活動の際には自分と向き合い、しっかりと自己分析することが重要となってきます。自分自身をよく理解したうえで「好き」「得意」「求められる」という視点から転職活動を行えば、企業とのマッチング率も上昇するでしょう。

「好き」なことから仕事を探す


「好き」なことから仕事を探したい人は、自分の経験やスキルを客観的に整理・分析をするキャリアの棚卸しを、好きなこと・嫌いなことの視点から行うと良いでしょう。
好きなことは、「これまでの仕事で楽しかったこと」や「ワクワクしたこと」を、嫌いなことは「何が嫌だったのか」「適性がないと感じたポイント」を全て書き出してみてください。

客観的に「好き」なことを理解することで、「好き」なことが出来そうな業界や職種に絞って転職先を探すことができます。また嫌いなことを理解することで、自分に適性のなさそうな業界や職種を排除して転職活動を行うことができるでしょう。

次回の「やりたいことが見えない人、必見!「好き」「得意」「求められる」で選ぶ転職先&キャリア探し【後編】」では、「得意なこと」と「企業から求められること」から仕事を探す方法について紹介していきます。