新卒・若手の仕事探しからミドルクラスまで、あなたの転職を無料で徹底サポート!

アルキャリ

ブログ

2020.09.14

ありがち失敗例に学ぶ「転職活動で陥りやすい5つのピンチ」【後編】

転職 転職活動

ありがち失敗例に学ぶ「転職活動で陥りやすい5つのピンチ」【後編】

転職がブームになっていますが、よく考えずに転職すると失敗しがちです。前回に引き続き、よくある失敗例を参考に、転職を成功させるポイントを見ていきましょう。

収入にこだわり過ぎ


30歳前後の転職で収入アップできるのは全体の約半数です。収入にこだわり過ぎて興味や経験のない仕事に取組んだ場合、やりがいが感じられずさらに転職を繰り返したり、心身のバランスを崩したりすることも。

特に、前職の経験が少ない分野への転職は年収が下がる場合が多いですが、長期的な視点で収入とキャリアのアップを考えましょう。

めざす仕事や条件が不明確


仕事内容、残業の多さ、福利厚生など転職先に多くのものを求めがちですが、全ての条件に当てはまる仕事を探すのは困難です。譲れない条件を明確にし、優先順位をつけておくことで、ベストな転職先をスムーズに見つけられます。

また、転職による収入ダウンや転勤を家族が受け入れられない場合、内定をもらっても転職できない場合があります。事前に仕事の条件を家族と話し合っておくことも重要です。

転職活動には、エージェントを使うのが一般的。転職エージェントは、紹介した転職者が採用されたら、その企業から報酬を得る仕組みになっています。親身になって考えてくれるところもありますが、中にはエージェントの利益を優先し、転職者が望まない転職先を紹介するところも。
エージェントに振り回されないためにも、仕事に求めるものや条件を明確にし、決定権は自分で握ることが大事です。

おすすめのエージェントは「アルキャリ」


数ある転職エージェントの中でも、「アルキャリ」は20代の若手からミドルクラスにまで特化した内容が特徴。非公開求人案件を含め、若手の求人情報だけを見られるので効率的です。

自分の経歴やキャリアの棚卸しも無料でお手伝い。専任のキャリアカウンセラーがあなたの強み、仕事に求める譲れない条件などを一緒に「見える化」、面接対策も行います。求人情報検索だけでなくキャリアカウンセリングや転職に役立つ情報なども全て無料で利用可能です。気になった方は今すぐ会員登録を!

忙しい中でもポイントを押さえることが、転職成功への近道です。